多牌・少牌(タアハイ・ショウハイ)

麻雀の手牌の枚数は、基本的に槓(カン)をしていない場合には、手牌13枚で14枚目であがりになります。
しかし、勘違いや間違いで手牌が多かったり少なかったりすることがあります。
手牌が多い(14枚以上)ことを「多牌(タアハイ)」といい、手牌が少ない(12枚以下)ことを「少牌(ショウハイ)」といいます。
多牌(タアハイ)や少牌(ショウハイ)になった場合、その局の一局はあがることができません。

ツイート

万点棒

多牌(タアハイ)や少牌(ショウハイ)の例

多牌(タアハイ)の例

手牌が一枚多い14枚ある多牌(タアハイ)です。
この一局はあがることができません。

多牌(タアハイ)の例-初心者の麻雀入門

少牌(ショウハイ)の例

手牌が一枚少ない12枚しかない少牌(ショウハイ)です。
この一局はあがることができません。

少牌(ショウハイ)の例-初心者の麻雀入門
万点棒

多牌(タアハイ)・少牌(ショウハイ)のペナルティー

多牌(タアハイ)、または少牌(ショウハイ)になった場合には、二つのペナルティーが取られます。

  1. 多牌・少牌の発覚以後は、その局ではあがることができなくなります。
    あがり放棄
  2. 多牌・少牌の発覚以後は、ポンチー明カンができなくなります。

麻雀牌振聴(フリテン)
麻雀牌沖和(チョンボ)
麻雀牌ノーテン罰
麻雀牌多牌(タアハイ)・少牌(ショウハイ)
麻雀牌責任払い「包(パオ)」


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.