ノーテン罰とは

手牌がテンパイしていない状態を「ノーテン」といいます。
あがるプレーヤーが誰もいない一局(流局)だった場合、ノーテンのプレーヤーは、テンパイしているプレーヤーに対して罰金を払う決まりになっています。
このノーテンの罰金を「ノーテン罰」といいます。
なお、ノーテン罰は全体で3,000点が罰金として動くため、「場3,000(バサンゼン)」とも呼ばれています。

ツイート

万点棒

ノーテン罰の払い方

一人がノーテンの場合の罰金の支払い方

一人がノーテンで、他三人がテンパイしているケースでは、ノーテンのプレーヤー一人で、テンパイしている三人に対して各1,000点ずつを支払います。

一人がノーテンの場合-ノーテン罰の払い方

二人がノーテンの場合の罰金の支払い方

二人がノーテンで二人がテンパイしているケースでは、ノーテンのプレーヤー二人で3,000点(一人1,500点ずつ)を払います。
テンパイしているプレーヤーは、二人で3,000点(1,500点ずつ分ける)を貰います。

二人がノーテンの場合-ノーテン罰の払い方

二人がノーテンの場合の罰金の支払い方

三人がノーテンで一人がテンパイしてるケースでは、ノーテンのプレーヤー三人が各1,000点ずつをテンパイしているプレーヤーに払います。

三人がノーテンの場合-ノーテン罰の払い方

麻雀牌振聴(フリテン)
麻雀牌沖和(チョンボ)
麻雀牌ノーテン罰
麻雀牌多牌(タアハイ)・少牌(ショウハイ)
麻雀牌責任払い「包(パオ)」


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.