振聴(フリテン)とは

振聴(フリテン)とは、ロンあがりすることのできないテンパイの状態をいいます。
フリテンには、「自分のあがり牌をすでに捨てているフリテン」や、「立直(リーチ)後に他家の捨牌(ロン牌)をロンせずに見送ったフリテン」、「他家の捨牌(ロン牌)をロンせずに見送って自分のツモ順がまだ来ていない状態のフリテン」の三つのケースがあります。

ツイート

万点棒

フリテンになる三つのケース

自分のあがり牌をすでに捨てているフリテン

すでに自分のあがり牌を捨ててしまっているフリテンです。
このフリテンは、ロンあがりすることはできなく、ツモであがることしかできない決まりになっています。
チェック自分のあがり牌をすでに捨てているフリテン

立直後にロン牌を見送ったフリテン

立直(リーチ)をかけた後に、自分のあがり牌を他家が捨てたにもかかわらず、そのロン牌でロンせずに見送った場合には、それ以降の一局内はフリテンになってしまいます。
チェック立直後にロン牌を見送ったフリテン

ロン牌を見送った後の同巡内のフリテン

自分のあがり牌を他家が捨てたにもかかわらず、ロンあがりしなかった場合には、ロン牌が捨てられた同巡内のフリテンになります。
あくまでも、同巡内の一時的なフリテンなので、自分のツモが経過した後(次巡のツモ以降)は、フリテンではなくなります。
チェックロン牌を見送った後の同巡内のフリテン


麻雀牌振聴(フリテン)
麻雀牌沖和(チョンボ)
麻雀牌ノーテン罰
麻雀牌多牌(タアハイ)・少牌(ショウハイ)
麻雀牌責任払い「包(パオ)」


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.