立直後に暗カンができる条件

他家の捨牌で作らずに(食わずに)、門前で揃えた槓(カン)暗槓(アンカン)といいますが、この暗槓は、立直(リーチ)後でもできる場合があります。

ツイート

万点棒

リーチ後に暗カンができる条件

  1. テンパイの形が変わらないこと
  2. カンができる牌はツモってきた牌のみ
万点棒

リーチ後に暗カンができるケース

下の立直後に暗カンができるケースの例図では、三つのケースのうち一つだけ「四萬」を暗カンする事ができます。

リーチ後に暗カンができるケース
リーチ後に暗カンができるケース
リーチ後に暗カンができるケース

解説

ケース①暗カンできる
テンパイの形が変わらないので暗槓(アンカン)することができます。

ケース②暗カンできない
リーチ後に暗カンすることができる条件の一つとして、テンパイの形を変えてはいけないという条件があります。
例図では、テンパイの形が「二萬」、「三萬」、「五萬」の「三面待ち」の状態です。
ツモった四萬をカンしてしまうと、二萬、三萬、五萬の三面待ちから、「三萬」のみの「単騎待ち(タンキマチ)」にテンパイの形が変わってしまいます。
したがって、暗カンすることはできません。

ケース③暗カンできない
リーチ後に暗カンすることができる条件の一つとして、ツモってきた牌のみを暗カンすることができるという条件があります。
したがって、四萬をツモって七萬を暗カンすることはできません。


麻雀牌二人あがりの対処
麻雀牌途中流局(トチュウリュウキョク)
麻雀牌供託(キョウタク)するケース
麻雀牌海底牌(ハイテイハイ)のルール
麻雀牌立直後の暗カン


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.