供託するケース

局の途中で場に100点、または1,000点を預けることを「供託(キョウタク)」といいます。
供託しなければならないケースは、立直(チーチ)時、罰則時、流局時の三つのケースがあります。
供託された点棒は次局にあがったプレーヤーがもらいます。

ツイート

万点棒

供託するケース

立直(リーチ)時の供託

立直(リーチ)をかけた時は、「1,000点」棒を場にさらします。
この時の供託点1,000点は、あがったプレーヤーが獲得することになります。
ただし、流局した場合は、流局した場合に場にさらす「積棒」を立直棒と一緒に場にさらします。
この供託点は、次局以降にあがったプレーヤーが総取りします。

立直(リーチ)時の千点棒のさらし方

立直棒(リーチボウ)のさらし方-供託

空ポン時と空チー時の供託

勘違いや間違いで「ポン」や、「チー」と発声した場合は、「空ポン(カラポン)」、「空チー(カラチー)」といって、「1,000点」棒を場にさらします。
この時の供託点1,000点は、あがったプレーヤーが獲得することになります。

空ポン時と空チー時の千点棒のさらし方

空ポン時と空チー時の千点棒のさらし方

親の連荘時と流局時の供託

親が継続(連荘[レンチャン])した場合や、あがるプレーヤが誰もいない(流局した)場合は、親がその数(連荘数・流局数)だけ100点棒を積み棒(積み符)として場にさらします。
この時の供託点(100点×連荘数・流局数)は、次局以降のあがったプレーヤーの総合得点に加算します。
なお、供託した積み棒の100点棒は目印の役割でしかないので、親が終わったら、親だったプレーヤーに戻します。
チェック積み棒(積み符)の計算方法

親の連荘時と流局時の百点棒のさらし方

積み棒のさらし方
万点棒

オーラスで流局した場合の供託点の処理

最後の局(オーラス)で流局した場合には、それまでの供託点を、①総得点一位のプレーヤーが総取り、②最後の親が総取り、③供託者へ返還する、④なかったものとして計算しない、という処理をします。
その場の取り決めで、どの処理をしてもかまいません。


麻雀牌二人あがりの対処
麻雀牌途中流局(トチュウリュウキョク)
麻雀牌供託(キョウタク)するケース
麻雀牌海底牌(ハイテイハイ)のルール
麻雀牌立直後の暗カン


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.