途中流局になってしまうケース

麻雀には、ゲームが途中で強制的に終了になってしまう途中流局があります。
途中流局になってしまうケースには、「九種九牌流れ」、「四風連打」、「四人リーチ」、「三人あがり」、「四開槓」、「沖和」の六つのケースがあります。

ツイート

万点棒

ゲームが途中で強制終了してしまうケース

九種九牌(キュウシュキュウハイ)

親の場合は配牌時に、子の場合はポン・チー・明カンがない時の第一ツモで、一九牌や字牌が手牌の中に九種類以上ある場合には、手牌を公開してゲームを途中で終了させることができます。

四風連打(スーフウレンダ)

ツモ第一巡目に、四人のプレーヤーが同じ風牌(東・南・西・北)を捨てた場合はゲームを途中で終了させます。
(例:東家の第一捨牌=「南」、南家の第一捨牌=「南」、西家の第一捨牌=「南」、北家の第一捨牌=「南」)

四人立直(ヨニンリーチ)

同じ局において、四人のプレーヤーが立直(リーチ)をした場合には、その時点でゲームを途中で終了させます。
ただし、四人目の立直(リーチ)宣言者の宣言捨牌が他のプレーヤ(他家)のあがり牌でないことに限り流局になります。

三人和了(サンニンアガリ)

一人の捨牌に、他のプレーヤー三人が同時にロンした場合にはゲームを途中で終了させます。

四開槓(スーカイカン)

同じ局において、二人以上のプレーヤーによって、四つの槓(カン)が成立した場合には、その時点でゲームを途中で終了させます。
なお、一人のプレーヤーが四回の槓(カン)を行った場合は、役満「四槓子(スーカンツ)」の聴牌(テンパイ)として続行するのでゲームを継続させます。

沖和(チョンボ)

沖和(チョンボ)をした場合には、その時点でゲームを途中で終了させます。


麻雀牌二人あがりの対処
麻雀牌途中流局(トチュウリュウキョク)
麻雀牌供託(キョウタク)するケース
麻雀牌海底牌(ハイテイハイ)のルール
麻雀牌立直後の暗カン


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.