二人あがりの対処

一つの捨牌に二人のロンあがりがあったには、ロン牌を捨てたプレーヤーにツモ順が近いプレーヤー、つまりロン牌を捨てたプレーヤーの右隣から順番に、あがりを優先させます。
ツモの順番は反時計回り(左回)ですから、ロン牌を捨てたプレーヤーの右隣のプレーヤーから順にツモ順は近くなります。

ツイート

万点棒

二人のあがりがあった場合の対処法

二人あがりの対処

北家の捨牌:五萬
子(東家と西家)の同時あがり

二人のあがりがあった場合の対処法

解説
上の二人のあがりがあった場合の例図のように、北家が捨牌した「五萬」に対して、東家と西家のロンあがり、つまり二人のロンあがりがあった場合には、手牌がどんな形であっても、ロン牌を捨てた北家にツモの順番が近いプレーヤーのあがりを優先します。
したがって、この例の場合であれば、東家→南家→西家という順にあがりを優先させます。
西家は立直(リーチ)をかけていますが、あがりの順番の優先には関係ありません。


麻雀牌二人あがりの対処
麻雀牌途中流局(トチュウリュウキョク)
麻雀牌供託(キョウタク)するケース
麻雀牌海底牌(ハイテイハイ)のルール
麻雀牌立直後の暗カン


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.