積み棒(積み符)の計算方法

親が継続(連荘[レンチャン])した場合や、流局(あがるプレーヤーがいなかった一局)になった場合には、積み棒(積み符)として「100点棒」を場にさらします。
そして次局以降、あがったプレーヤーに貯まった積み棒(積み符)分の点数を、総合得点に加算します。
なお、積み棒(積み符)の100点棒は、親が場にさらします。
親が供託した積み棒の100点棒は目印の役割でしかないので、親が終わったら、親だったプレーヤーに戻します。
親の連荘や、流局が一回の場合は「一本場(イッポンバ)」、二連荘の場合は「二本場(ニホンバ)」、三連荘の場合は「三本場(サンボンバ)」と呼びます。
あがったプレーヤーの得点に加算する点数は、積み棒(積み符)一本につき「300点」です。
したがって、仮に三本場時にあがるプレーヤーがいた場合には、「900点(300点×三本場)」をあがったプレーヤーの得点に加算します。
ただし、ツモあがりの場合には、得点計算(飜+符)した総合得点の支払いとは別に、積み棒(積み符)の点数だけを均等に割って、あがったプレーヤーに払います。
例えば、一本場で西家が「5,200点」をツモあがりした場合には、5,200点の点数払いとは別に、積み棒の300点を西家以外の三人で割り、東家、南家、北家が各々100点を西家に支払います。

ツイート

万点棒

積み棒(積み符)の計算方法

積み棒(積み符)の計算

積み棒(積み符)の計算の例
南場
四本場
南家(子)のあがり
ドラ:六ピン

積み棒(積み符)の計算の例

役数(飜数)の算出
四巡目に立直(リーチ)をかけているので「立直」の一役がつきます。
また、ツモあがりしているので「ツモ」の一役がつきます。
さらに、ドラ(六ピン)が手牌に二枚あるので「ドラ」×2の二役がつきます。
合計すると、「立直(一役)」+「ツモ(一役)」+「ドラ×2(二役)」で計「四役(四飜)」がつきます。
チェックあがり役(飜数)による得点計算の考え方

あがり点(符)の算出
まず基本点が20点(20符)つきます。
組み合わせにつく点は、「六萬」の暗刻子(アンコーツ)の4点(4符)、、「八ピン」の暗刻子(アンコーツ)の4点(4符)で計8点がつきます。
聴牌(テンパイ)の種類につく点は、両面待ちのツモあがりは2点なので2点がつきます。
合計したあがり点(符)は「30点(30符)」です。
チェックあがり点(符)の計算方法

積み棒(積み符)の算出
「四本場」なので積み棒(積み符)の点数は、「1,200点」です。
ツモあがりなので、1,200点を南家以外の三人で割った「400点」を、東家、西家、北家が南家に対して各々支払います。

総合得点の算出
子(南家)のあがり、飜数四役(四飜)、あがり点30点、の得点は「7,700点」です。
この得点に積み棒(積み符)の点数である1,200点を加算した「8,900点」が最終的な得点になります。
ツモあがりなので、子(西家・北家)は2,400点([得点2,000点]+[積み棒分400点])ずつを、親(東家)は4,300点([得点3,900点]+[積み棒分400点])を南家に対して払います。
チェック得点早見表(飜数+符)
チェック得点の払い方


麻雀牌ツモとロンの得点の払い方
麻雀牌あがり役(飜数)につく得点
麻雀牌あがり点(符)の計算方法
麻雀牌得点早見表
麻雀牌自分に有利な得点計算方法
麻雀牌積み棒(積み符)の計算方法
麻雀牌得点計算の例外


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.