自分を有利にする得点計算の考え方

麻雀の得点は、あがり役数(飜数[ハンスウ])あがり点(符)を基にして算出します。
あがり役数は自分に対して有利にすることはできませんが、あがり点(符)は自分に対して有利に取ることができます。

ツイート

万点棒

自分に対して有利に働く得点計算の考え方

自分に対して有利に働く得点計算方法の例

南場で西家(子)のあがり
ドラ:九ピン

自分に対して有利に働く得点計算方法の例

役数(飜数)の算出
役牌(南)」の一役がつきます。
また、ドラ(九ピン)が手牌に二枚あるので「ドラ」×2の二役がつきます。
合計すると、「役牌(一役)」+「ドラ×2(二役)」で計「三役(三飜)」がつきます。
チェックあがり役(飜数)による得点計算の考え方

あがり点(符)の算出
まず基本点が20点(20符)つきます。
組み合わせにつく点は、「五萬」の暗刻子(アンコーツ)の4点(4符)、「南(字牌)」の明刻子(ミンコーツ)の4点(4符)で計8点がつきます。
聴牌(テンパイ)の種類につく点は、嵌張待ち(カンチャンマチ)のツモあがりは4点(4符)なので、4点(4符)がつきます。
合計したあがり点(符)は「32点(32符)」です。
ここで注意しなければならないのは、10点(10符)ごとに繰り上げることを忘れないことです。
したがって、最終あがり点(符)は「40点(40符)」になります。
チェックあがり点(符)の計算方法

総合得点
子(西家)のあがり、飜数三役(三飜)、あがり点40点、の得点は「5,200点」です。
ツモあがりなので、西家以外の子(南家・北家)は1,300点ずつを、親(東家)は2,600点を西家に対して支払います。
チェックツモとロンの得点の払い方の違い

自分に有利なあがり点(符)の計算
上のあがりでは、「二ソウ」と「五ソウ」の両面待ち(リョウメンマチ)と考えずに、「一ソウ・三ソウ」の間の「二ソウ」待ち、つまり嵌張待ち(カンチャンマチ)と考えました。
両面待ちで計算したあがり点は「30点(30符)」、嵌張待ちで計算したあがり点は「32点(32符)」で繰り上げ「40点(40符)」です。
三役30点(三飜30点)は「3,900点」、対して三役40点(三飜40符)は「5,200点」なので、「1,300点」が得したことになります。
チェック聴牌(テンパイ)につく点


麻雀牌ツモとロンの得点の払い方
麻雀牌あがり役(飜数)につく得点
麻雀牌あがり点(符)の計算方法
麻雀牌得点早見表
麻雀牌自分に有利な得点計算方法
麻雀牌積み棒(積み符)の計算方法
麻雀牌得点計算の例外


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.