四役(四飜)のあがり役

四役(四飜)のあがり役を2種類紹介します。
なお、現在使われていないあがり役や、作ることがかなり難しく、作ることがほぼ不可能であるあがり役は紹介していません。

ツイート

万点棒

四役(四飜)のあがり役

小三元(ショウサンゲン)

三元牌(サンゲンパイ)である「白」、「發」、「中」のうち、二種類で刻子(コーツ)を作り、残りの一種類でアタマである対子(トイツ)を作ってあがった場合には「小三元(ショウサンゲン)」という四役がつきます。
ポン、チー、明カンをしない手牌の形を「門前(メンゼン)」といいますが、ショウサンゲンは、手牌がメンゼンか否かにかかわらず成立し、四役がつきます。
小三元(ショウサンゲン)

混老頭(ホンロウトウ)

四組の刻子(コーツ[槓子「カンツ」でも可])を作るあがり役「対々(トイトイ)」の形か、二枚一組の対子(トイツ)を七種類・七組作るあがり役「七対子(チートイツ)」の形を、一九牌と字牌(東・南・西・北・白・發・中)のみを使ってあがった場合には「混老頭(ホンロウトウ)」という四役がつきます。
ポン、チー、明カンをしない手牌の形を「門前(メンゼン)」といいますが、対々(トイトイ)の形であがるホンロウトウの場合は手牌がメンゼンか否かにかかわらず四役がつきます。
ただし、七対子(チートイツ)の形であがるホンロウトウの場合には、手牌がメンゼンである必要があり四役がつきます。
混老頭(ホンロウトウ)


麻雀牌一飜しばりとは?
麻雀牌基本的なあがり役
麻雀牌必ず覚えたいあがり役
麻雀牌一役のあがり役
麻雀牌二役のあがり役
麻雀牌三役のあがり役
麻雀牌四役のあがり役
麻雀牌五役のあがり役
麻雀牌六役のあがり役
麻雀牌役満のあがり役


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.