小三元(ショウサンゲン)

字牌の中でも三元牌(サンゲンパイ)である「白」、「發」、「中」のうち、二種類で刻子槓[カン]で作った槓子でも可)を作り、残りの一種類でアタマである対子(トイツ)を作った役を小三元(ショウサンゲン)といいます。
ポンチー明カンをしない手牌の形を「門前(メンゼン)」といいますが、ショウサンゲンは、メンゼンだけでなく、ポン・チー・明カン(食う)をしても成立し四役(四飜)がつきます。

ツイート

万点棒

小三元(ショウサンゲン)

「白」、「發」、「中」のうち、二種類で刻子(コーツ)を作り、残りの一種類でアタマである対子(トイツ)を作ります。
ここでは、「中」と「發」で刻子を作り、「白」で対子を作りました。

小三元(ショウサンゲン)-四役(四飜)のあがり役

小三元(ショウサンゲン)とは

上の小三元(ショウサンゲン)の例図のように、三元牌(白・發・中)のうち、二種類(上図では「發」と「中」)で刻子(コーツ)を作り、残りの一種類(上図では「白」)でアタマになる対子(トイツ)を作った役を小三元(ショウサンゲン)といいます。
なお、カンをして作った槓子(カンツ)も刻子とみなします。
小三元は、メンゼンだけでなく、ポン・チー・明カン(食う)をしても四役がつきます。
※ちなみに、仮に「白」で、アタマである対子(トイツ)ではなく刻子(コーツ)を作っていた場合には、「白・發・中」の刻子で構成される「大三元(ダイサンゲン)」という役満が成立します。

万点棒

あがり役のクイズ

下図のあがりでは小三元(ショウサンゲン)が成立するでしょうか?
あがり役のクイズ-小三元(ショウサンゲン)
解答
あがり牌で作られる「中」の対子(トイツ)と、「白」と「發」の二組の刻子(コーツ)で構成される「小三元(ショウサンゲン)」が成立するので四役がつきます。
また、「一萬」、「八ソウ」、「白」、「發」の四組の刻子で構成される「対々(トイトイ)」が成立するので二役がつきます。
合計すると、「小三元(四役)」+「対々(二役)」で計六役(六飜)がつくことになります。
※「白」と「發」の刻子で構成される「役牌(白[一役]+發[一役]=二役)」の二役は、小三元(ショウサンゲン)の四役の中に含まれています。


麻雀牌一飜しばりとは?
麻雀牌基本的なあがり役
麻雀牌必ず覚えたいあがり役
麻雀牌一役のあがり役
麻雀牌二役のあがり役
麻雀牌三役のあがり役
麻雀牌四役のあがり役
麻雀牌小三元(ショウサンゲン)
麻雀牌混老頭(ホンロウトウ)
麻雀牌五役のあがり役
麻雀牌六役のあがり役
麻雀牌役満のあがり役


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.