字一色(ツーイーソー)

七種類ある字牌(東・南・西・北・白・發・中)だけを使って、あがり役「対々(トイトイ)」の形か、あがり役「七対子(チートイツ)」の形を作った役満を字一色(ツーイーソー)といいます。
ポンチー明カンをしない手牌の形を「門前(メンゼン)」といいますが、ツーイーソーは、トイトイの形を作る場合はメンゼンだけでなくポン、チー、明カン(食う)をしても成立しますが、七対子(チートイツ)の形を作る場合にはポン、チー、明カンをしないメンゼンのテンパイに限って成立する役満です。

ツイート

万点棒

字一色(ツーイーソー)

七種類ある字牌だけを使って、対々(トイトイ)の形か七対子(チートイツ)の形を作ります。

対々(トイトイ)形の字一色(ツーイーソー)
ここでは、東の刻子(コーツ)と、ポンをして作った白と發の刻子の計三組の刻子を作り、南と北の対子(トイツ)を二組作りました。
南、または北をツモ(ロン)することによってトイトイ(ツーイーソー)が成立します。
対々(トイトイ)形の字一色(ツーイーソー)
七対子(チートイツ)形の字一色(ツーイーソー)
ここでは、東、南、西、北、白、發で六種類の対子(トイツ)を作りました。
中をツモ(ロン)することによってチートイツ(ツーイーソー)が成立します。
七対子(チートイツ)形の字一色(ツーイーソー)

字一色(ツーイーソー)とは

上の字一色(ツーイーソー)の例図のように、七種類ある字牌(風牌[カゼパイ]と三元牌[サンゲンパイ])だけを使って、四組の刻子(コーツ)とアタマとなる一組の対子(トイツ)を作った「対々(トイトイ)」の形か、東・南・西・北・白・發・中の七種類の字牌だけを使って対子(トイツ)を七種類・七組作った「七対子(チートイツ)」の形を作った役満を字一色(ツーイーソー)といいます。
※対々(トイトイ)形のツーイーソーの場合はポン・チー・明カン(食う)をしている手牌であっても成立しますが、七対子(チートイツ)形のツーイーソーの場合は手牌がメンゼンである必要があります。

役満がダブった場合の措置

ここでは、字一色(ツーイーソー)と大三元(ダイサンゲン)が重複したケースを紹介します。

役満がダブった場合の措置

上の例図のように、字一色(ツーイーソー)と大三元(ダイサンゲン)の二つの役満が重複した場合は、通常は役満(四倍満)だけで打ち切るルールになっています。
ただし、役満が重複しているので、八倍満(役満[四倍満]×2=ダブル役満[八倍満])にするというルールを設けているケースもあるので事前のルール確認が大切です。


麻雀牌一飜しばりとは?
麻雀牌基本的なあがり役
麻雀牌必ず覚えたいあがり役
麻雀牌一役のあがり役
麻雀牌二役のあがり役
麻雀牌三役のあがり役
麻雀牌四役のあがり役
麻雀牌五役のあがり役
麻雀牌六役のあがり役
麻雀牌役満のあがり役
麻雀牌国士無双(コクシムソウ)
麻雀牌四暗刻(スーアンコ)
麻雀牌大三元(ダイサンゲン)
麻雀牌小四喜(ショウスーシー)
麻雀牌大四喜(ダイスーシー)
麻雀牌天和(テンホウ)
麻雀牌地和(チーホウ)
麻雀牌字一色(ツーイーソー)
麻雀牌緑一色(リュウイーソー)
麻雀牌清老頭(チンロウトウ)
麻雀牌四槓子(スーカンツ)
麻雀牌九連宝燈(チュウレンポウトウ)


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.