ツモとロン

テンパイした後はあがるのみですが、あがり方には二通りあります。
自分のツモであがる「ツモ」と、他のプレーヤー(他家)の捨牌であがる「ロン」があります。

ツイート

万点棒

ツモとロンの違い

ツモとは

自分の順番で、牌山から牌を一枚取ってくることを「ツモる」といいますが、牌山からあがり牌をツモった場合には、「ツモ」と発声し、自分の手牌を公開してあがります。
このあがり方を「ツモ」といいます。
ツモあがりした場合の点数払いは、あがったプレーヤー以外の三人で払います。

ロンとは

自分のツモ以外(他家の捨牌)であがることを「ロン」といいます。
あがり牌(ロン牌)が捨てられた場合には、「ロン」と発声し、自分の手牌を公開してからあがります。
ロンあがりした場合の点数払いは、あがり牌(ロン牌)を捨てたプレーヤーが一人で払います。

万点棒

親のあがり・子のあがり

親のあがり

親(東家)があがった場合には、連荘(レンチャン)といって、同じプレーヤーが再度親を続けます。
一回レンチャンすることを「一本場(イッポンバ)」といい、更にもう一回レンチャン(二連荘[ニレンチャン])することを「二本場(ニホンバ)」といいます。
連荘している目印は、一本場なら一本、三本場なら三本の百点棒を、親が麻雀卓の右端に出します。
親が継続するケース

連荘時の百点棒のさらし方(三本場)

連荘したときの目印

子のあがり

親(東家)以外の、子(南家・西家・北家)があがった場合には、親順は左回り(反時計回り)で次順のプレーヤーに移ります。
親の順番


麻雀牌ゲームの進め方
麻雀牌麻雀の和了(あが)り方
麻雀牌聴牌(テンパイ)の種類
麻雀牌単騎待ち
麻雀牌両面待ち
麻雀牌嵌張待ち
麻雀牌辺張待ち
麻雀牌双碰待ち
麻雀牌三面待ち
麻雀牌変則待ち
麻雀牌「ツモ」と「ロン」の違い


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.