聴牌(テンパイ)の種類

麻雀の基本的なあがり方は、アタマと呼ばれる対子(トイツ)が一組、三枚の組み合わせ(順子[ジュンツ]、または刻子[コーツ])が四組の計14枚の牌であがります。
このあがりの基本形を四面子一雀頭(ヨンメンツイチジャントウ)といいます。
聴牌(テンパイ)とは、あと一枚であがりになる状態をいいます。
テンパイの種類には、「単騎待ち(タンキマチ)」、「両面待ち(リョウメンマチ)」、「嵌張待ち(カンチャンマチ)」、「辺張待ち(ペンチャンマチ)」、「双碰待ち(シャンポンマチ)」、「三面待ち(サンメンマチ)」、「変則待ち(ヘンソクマチ)」の七種類があります。

ツイート

万点棒

色々なテンパイの形

単騎待ち(タンキマチ)

四組の面子(メンツ)が完成していますが、アタマとなる対子(トイツ)が一枚欠けてテンパイしている状態です。
単騎待ち(タンキマチ)

両面待ち(リョウメンマチ)

三組の面子(メンツ)とアタマとなる対子(トイツ)が完成していますが、「二萬」「三萬」、「五ピン」「六ピン」などのような、連続した二枚枚の牌(両面搭子[リョウメンターツ]と呼びます)が残ってテンパイしている状態です。
両面待ち(リョウメンマチ)

嵌張待ち(カンチャンマチ)

三組の面子(メンツ)とアタマとなる対子(トイツ)が完成していますが、「二萬」「四萬」や「五ピン」「七ピン」などのような、間が抜けた二枚の牌(嵌搭子[カンターツ]と呼びます)が残ってテンパイしている状態です。
嵌張待ち(カンチャンマチ)

辺張待ち(ペンチャンマチ)

三組の面子(メンツ)とアタマとなる対子(トイツ)が完成していますが、「一萬」「二萬」や「八ピン」「九ピン」などのような、1、または9が入ったニ枚の牌(辺搭子[ペンターツ]と呼びます)が残ってテンパイしている状態です。
辺張待ち(ペンチャンマチ)

双碰待ち(シャンポンマチ)

三組の面子(メンツ)が完成していますが、その他に、「二萬」「二萬」や「五ピン」「五ピン」などのような、対子(トイツ)が二組残ってテンパイしている状態です。
シャボあるいはバッタと呼ばれることもあります。
双碰待ち(シャンポンマチ)

三面待ち(サンメンマチ)

二組の面子(メンツ)とアタマとなる対子(トイツ)が完成していますが、「二萬」「三萬」「四萬」「五萬」「六萬」や「四ピン」「五ピン」「六ピン」「七ピン」「八ピン」などのような、両面待ち(リョウメンマチ)が二組一緒になってテンパイしている状態です。
三面待ち(サンメンマチ)

変則待ち(ヘンソクマチ)

複数待ちでテンパイしている状態です。
国士無双という役満の場合は、13面待ちという場合もあります。
変則待ち(ヘンソクマチ)


麻雀牌ゲームの進め方
麻雀牌麻雀の和了(あが)り方
麻雀牌聴牌(テンパイ)の種類
麻雀牌単騎待ち
麻雀牌両面待ち
麻雀牌嵌張待ち
麻雀牌辺張待ち
麻雀牌双碰待ち
麻雀牌三面待ち
麻雀牌変則待ち
麻雀牌「ツモ」と「ロン」の違い


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.