カンの作り方

同じ牌を四枚そろえた組み合わせを「カン」といいますが、カンには、門前「メンゼン」(他のプレーヤーの捨牌をもらわずに自分で作る)で作る「暗槓(アンカン)」と、他のプレーヤーの捨牌をもらって作る「明槓(ミンカン)」があります。
暗槓をした後には立直(リーチ)をかけることができます。
ただし、明槓は、「鳴く」、または「食う」とも呼ばれ、明槓をした後にはリーチをかけることができなくなります。
ポンをした後に、そのポンをした同種の牌を牌山から自分でツモってきた場合には、ポンに追加してカンをすることができます。
また、カンの後の手牌は、一枚多い14枚になります。
なお、一つの捨牌にカンとチーが同時にあった場合には、カンが優先されます。

ツイート

万点棒

カンのメリットとデメリット

カンをすることによって、ドラ表示牌(つまりはドラ)が一つ増えるというメリットがあります。
また、カンをした後には嶺上牌(リンシャンハイ)をツモりますが、この嶺上牌であがった場合には、嶺上開花(リンシャンカイホウ)という役が一役付くというメリットがあります。
明槓においては、明槓後リーチをかけられなくなる、役が無ければあがれなくなるというデメリットがあります。

チェック暗槓(アンカン)の手順
チェック明槓(ミンカン)の手順
チェック暗槓(アンカン)のさらし方
チェック明槓(ミンカン)のさらし方
チェックカンをした際のドラの動き

万点棒

暗槓(アンカン)の手順

手順1.「カン!」と発声する

手牌に「二萬」「二萬」「二萬」「二萬」などの槓子(カンツ)がある場合に、「カン!」と発声します。
例として「三萬」をカンします。
下図の①参照

アンカンの手順-初心者の麻雀入門

手順2.卓の右端に牌をさらす

カンをした四枚の牌(槓子[カンツ])を、卓の右端にさらします。
下図②参照
暗槓の卓へのさらし方の詳細

アンカンの手順-初心者の麻雀入門

手順3.嶺上牌(リンシャンハイ)をツモる

嶺上牌(リンシャンハイ)をツモります。
下図③参照

アンカンの手順-初心者の麻雀入門

手順4.不要牌を捨てる

不要な牌を一牌捨てます。
ここでは例として「東」を捨てます。
なお、カンをすると手牌は一枚多い、14枚になります。
下図④参照

アンカンの手順-初心者の麻雀入門

手順5.ドラ表示牌を一枚めくる

ドラ表示牌を一枚めくります。
ここでは、一回目のカンなので、ドラ表示牌「五萬」の左隣の牌を一枚めくります。
下図⑤参照
カンをした際のドラの動きの詳細

アンカンの手順-初心者の麻雀入門

手順6.南家がツモる

ツモ順は、左回りに、カンをした次順のプレーヤーに移ります。
ここでは東家がカンをしたので、ツモ順は南家になります。
下図⑥参照

アンカンの手順-初心者の麻雀入門
万点棒

明槓(ミンカン)の手順

手順1.「カン」と発声する

手牌に「二萬」「二萬」「二萬」などの刻子(コーツ)がある時に、他のプレーヤー(他家)が「二萬」を捨てた場合に、「カン」と発声して、捨牌をしたプレーヤーの捨牌をもらうことができます。
例として、南家の捨牌「三萬」をカンします。
下図の①参照

ミンカンの手順-初心者の麻雀入門

手順2.卓の右端に牌をさらす

カンをした四枚の牌(槓子[カンツ])を、卓の右端にさらします。
下図②参照
明槓(ミンカン)のさらし方の詳細

ミンカンの手順-初心者の麻雀入門

手順3.嶺上牌(リンシャンハイ)をツモる

嶺上牌(リンシャンハイ)をツモります。
下図の③参照

ミンカンの手順-初心者の麻雀入門

手順4.不要牌を捨てる

不要な牌を一牌捨てます。
ここでは例として「東」を捨てます。
なお、カンをすると手牌は一枚多い、14枚になります。
下図④参照

ミンカンの手順-初心者の麻雀入門

手順5.ドラ表示牌を一枚めくる

ドラ表示牌を一枚めくります
ここでは、一回目のカンなので、ドラ表示牌「五萬」の左隣の牌を一枚めくります。
下図⑤参照
カンをした際のドラの動きの詳細

ミンカンの手順-初心者の麻雀入門

手順6.南家がツモる

ツモ順は、左回りに、カンをした次順のプレーヤーに移ります。
ここでは東家がカンをしたので、ツモ順は南家になります。
下図⑥参照

ミンカンの手順-初心者の麻雀入門
万点棒

カンのさらし方

暗槓(アンカン)のさらし方

両端の二枚の牌を裏返しにしてさらします。

卓への暗槓のさらし方

明槓(ミンカン)のさらし方

左隣のプレーヤー(上家「カミチャ」)からカンした場合
左端の牌を横にして卓右端へさらします。
明槓(ミンカン)のさらし方[上家からのカン]
向かいのプレーヤー(対家「トイチャ」)からカンした場合
左から二番目の牌、または右から二番目の牌を横にして卓右端へさらします。
明槓(ミンカン)のさらし方[対家からのカン]
または、
明槓(ミンカン)のさらし方[対家からのカン]
右隣のプレーヤー(下家「シモチャ」)からカンした場合
右端の牌を横にして卓右端へさらします。
明槓(ミンカン)のさらし方[下家からのカン]


ポンに追加したカン[明槓(ミンカン)]のさらし方

左隣のプレーヤー(上家「カミチャ」)からカンした場合
※ポンをした横向きの牌の上に並べます。
ポンに追加したカン[明槓(ミンカン)]のさらし方(ポンに追加したカン)
向かいのプレーヤー(対家「トイチャ」)からカンした場合
※ポンをした横向きの牌の上に並べます。
ポンに追加したカン[明槓(ミンカン)]のさらし方(ポンに追加したカン)
右隣のプレーヤー(下家「シモチャ」)からカンした場合
※ポンをした横向きの牌の上に並べます。
ポンに追加したカン[明槓(ミンカン)]のさらし方(ポンに追加したカン)

万点棒

カンをした際のドラの動き

カンをした場合には、カンをするたびにドラ(ドラ表示牌)が一枚増えます。
カンをした際のドラの動きの詳細


麻雀牌麻雀をするための道具
麻雀牌麻雀牌の種類と名称
麻雀牌座る場所の決め方
麻雀牌牌山の積み方
麻雀牌親の決め方
麻雀牌点棒の種類と持ち点
麻雀牌麻雀牌の配り方
麻雀牌手牌の並び替え
麻雀牌ツモと捨牌
麻雀牌ドラとは?
麻雀牌ポン・チー・カン
麻雀牌嶺上牌(リンシャンハイ)


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.