ポン・チー・カン

麻雀では、他のプレーヤー(他家)の捨牌をもらわずに役を作る「門前(メンゼン)」と、他家の捨牌をもらって役を作る、「ポン」、「チー」、「カン」と呼ばれるものがあります。
ポンは他家の捨牌で刻子(コーツ)を作ることができます。
チーは、自分の左隣のプレーヤー(上家「カミチャ」)の捨牌で順子(ジュンツ)を作ることができます。
また、同じ牌を四枚揃えた組み合わせを槓子(カンツ)といいます。
槓子には、他家の捨牌をもらわずに作る「暗槓(アンカン)」と、他家の捨牌をもらって作る「明槓(ミンカン)」があります。

ツイート

万点棒

ポンとは

手牌に対子(トイツ)があり、他家(他のプレーヤー)がこれとまったく同種の牌を捨てた時に、この捨牌をもらいこれら三枚の牌を一つの刻子(コーツ)とすることができます。
ポンは「鳴く」、または「食う」とも呼ばれます。
なお、ポンをした場合には立直(リーチ)をかけることができません
ポンの手順

万点棒

チーとは

自分の左隣のプレーヤー(上家「カミチャ」といいます)の捨て牌をもらって、数字が連続した三枚の順子(シュンツ)を作ることができます。
チーは「鳴く」、または「食う」とも呼ばれます。
なお、チーをした場合には立直(リーチ)をかけることができません。
チーの手順

万点棒

カンとは

同種の牌を四枚そろえた組み合わせを「カン」といいます。
カンには、他家の捨牌をもらわずに作る「暗槓(アンカン)」と、他家の捨牌をもらって作る「明槓(ミンカン)」があります。
暗槓は立直(リーチ)をかけることができますが、明槓は「鳴く」、または「食う」とも呼ばれ立直(リーチ)をかけることができません。
カンの手順

万点棒

嶺上牌(リンシャンハイ)とは

配牌を始めた、箇所の隣の四枚の牌のことをいいます。
カンをした場合には、必ずこの嶺上牌(リンシャンハイ)をツモってから捨牌をします。
嶺上牌(リンシャンハイ)とは


麻雀牌麻雀をするための道具
麻雀牌麻雀牌の種類と名称
麻雀牌座る場所の決め方
麻雀牌牌山の積み方
麻雀牌親の決め方
麻雀牌点棒の種類と持ち点
麻雀牌麻雀牌の配り方
麻雀牌手牌の並び替え
麻雀牌ツモと捨牌
麻雀牌ドラとは?
麻雀牌ポン・チー・カン
麻雀牌嶺上牌(リンシャンハイ)


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.