麻雀牌の配り方

牌山(17枚2段)を積んだ後は、牌山から各プレーヤーが初めの13枚の牌を取ります。
この初めの13枚の牌を牌山から取ってくることを「配牌(ハイパイ)」といいます。
配牌は「東家」→「南家」→「西家」→「北家」の順に13枚取ります。ただし、親(東家)だけは14枚の牌を取ります。

ツイート

万点棒

配牌の手順

手順1.親(東家)がサイコロを振る

ここでは「3」と「4」が出たことにします。
二つのサイコロの目を足します。(ここでは「7」)
Bさん(親「東家」)から左回り(反時計回り)に1、2・・・と数え、サイコロの7の目にあたるCさん(西家)の牌山から配牌を始めることになります。

手順2.親(東家)が最初の配牌を始める

Cさん(西家)の牌山の左から7組(上下14枚)を残して、Bさん(親「東家」)が2組(上下4枚)を取ります(図1の「東家1」を参照)

手順3.親以外が配牌を始める

Bさん(親「東家」)に続き、Aさん(南家)→Cさん(西家)→Dさん(北家)の順に、右回り(時計回り)に各プレーヤーが2組(上下4枚)ずつ取ります(図1の「南家1→西家1→北家1」)。

手順4.手順2、3を繰り返す

手順2、3を三回繰り返します。
図1の「東家1」から「北家3」まで終えると、各プレーヤーの持牌は12枚になります。

配牌の手順-初心者の麻雀入門

手順5.親だけが二牌取る

親だけが二牌、その他のプレーヤは一牌取って配牌を完了します。
Bさん(親「東家」)は、手順5のA、Bの二牌(手順5図の赤い点線)を取り、引き続きAさん(南家)はCを、Cさん(西家)はDを、Dさん(北家)がEを一牌ずつ取って配牌を完了します。
これで、Bさん(親「東家」)は14牌、親以外のプレーヤーは13牌を牌山から取ってきたことになります。

����������E藝脂�����E�����鴻���E����E class=

手順6.親が一牌捨てる

配牌が完了したら、親(東家)であるBさんは理牌(リイパイ)した後に、不要牌を一牌捨てます。
親が一牌捨てた後は、南家→西家→北家の順にツモと捨牌を繰り返します。


麻雀牌麻雀をするための道具
麻雀牌麻雀牌の種類と名称
麻雀牌座る場所の決め方
麻雀牌牌山の積み方
麻雀牌親の決め方
麻雀牌点棒の種類と持ち点
麻雀牌麻雀牌の配り方
麻雀牌手牌の並び替え
麻雀牌ツモと捨牌
麻雀牌ドラとは?
麻雀牌ポン・チー・カン
麻雀牌嶺上牌(リンシャンハイ)


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.