親の決め方

プレーヤーの座る場所を決めた後は、今度はゲーム最初の親(起家「チイチャ」)を決めます。
ゲーム一番最初の親の決め方は、場所決めの時に「東」を取ったプレーヤー(仮東といいます)がサイコロを振り、出た目にあたるプレーヤーが今度はサイコロを振り、出た目にあたるプレーヤーが最初の親(起家「チイチャ」)になります。

ツイート

万点棒

親を決める方法

手順1.仮東がサイコロを振る

プレーヤーの座る場所を決める時に風牌「東」を取ったプレーヤーを「仮東(カリトン)」といいますが、「東」を取ったAさん(仮東)が、1回目のサイコロを振ります。
ここでは、Aさんのサイコロの目は「1」と「5」とします。
一回目のサイコロ

親を決める方法-初心者の麻雀入門

手順2.手順1で出た目にあたるプレーヤーがサイコロを振る

手順1で出たAさんのサイコロの目が「6」なので、Aさんから左回り(反時計回り)に1、2・・・と数え、サイコロの6の目にあたるCさんが、2回目のサイコロを振ります。
ここでは、Cさんのサイコロの目は「3」と「4」とします。
二回目のサイコロ

親を決める方法-初心者の麻雀入門

手順3.ゲーム最初の親が決定する

手順2で出たCさんのサイコロの目が「7」なので、Cさんから左回り(反時計回り)に1、2・・・と数え、サイコロの7の目にあたるBさんが、ゲームの最初の親「起東(チイチャ)」に決定します。

手順4.最初の親の卓右端に「起家マーク」を置く

手順3で決定した最初の親(起東「チイチャ」)であるBさんの卓右端に「起家(チイチャ)マーク」を置きます。

起家(チイチャ)マークの置き方-初心者の麻雀入門
万点棒

起家(チイチャマーク)とは

起家(チイチャ)マークは、どのプレーヤーから親が始まったのかの目印です。
起家(チイチャ)マークは、ゲーム最初の親の卓の右端に置き、ゲームが終了するまで移動させてはいけません。

起家(チイチャマーク)とは
万点棒

親の順番

プレーヤーの誰かがあがれば、ゲームはそこで終了して次のゲームへと進みます。
このとき、親があがった場合には親はそのまま継続します。
親があがった場合には、風も移行しません。
ただし、親以外の子があがったときには、親順は左回り(反時計回り)に次順のプレーヤーに移行し、風も同時に移行します。


麻雀牌麻雀をするための道具
麻雀牌麻雀牌の種類と名称
麻雀牌座る場所の決め方
麻雀牌牌山の積み方
麻雀牌親の決め方
麻雀牌点棒の種類と持ち点
麻雀牌麻雀牌の配り方
麻雀牌手牌の並び替え
麻雀牌ツモと捨牌
麻雀牌ドラとは?
麻雀牌ポン・チー・カン
麻雀牌嶺上牌(リンシャンハイ)


戻るボタンページTOPへ戻る
戻るボタン前のページに戻る
戻るボタン初心者の麻雀入門TOPへ戻る

麻雀の遊び方、ルール、点数計算などを詳しく解説しています。
内容の無断転載は禁止しています。
Copyright (C) 初心者の麻雀入門.All Rights Reserved.